ブログトップ

香港における相続手続き②

香港における相続手続き②

B 本拠地(Domicile) 相続手続きを始める前に、故人の本拠地(Domicile)がどこかを考える必要があります。香港のように英米法の国では複数の国籍を持つ人が多く、故人のドミサイルがどこかは、...

新たな天ぷら屋 天ぷら次郎@セントラル

恭 喜 發 財!! 身 體 健 康 !! 心 想 事 成!! 2ヶ月半による、夜の外食禁止令が解禁されてようやく外でディナーの機会です。 ご縁があり、こちらのまだオープンしたての天麩羅屋さんにお招き頂...

中小企業のための法務講座『香港における相続手続き1』

香港での相続手続き 英国法の流れを継ぐの1つである香港では、香港に銀行口座、不動産、香港法人を持つ方がお亡くなりになった場合は、相続手続き(Probate プロベート)が必要となります。 プロベート(...

競争条例に関して 『香港ポスト』

アンディチェン法律事務所を取り上げた香港メディア ⑴はじめに  皆さんは「日本のスーパーと比較して、香港のスーパーはほとんど安売りしないなぁ」と思われたことはないだろうか。  香港は競争行為についての...

もしもあなたが逮捕されたら…『香港ポスト』

もしもあなたが逮捕されたら… 湾仔にある香港警察の本部 ⑴はじめに  もしも香港で逮捕されたら、あなたは適切に自分の身を守ることができますか。私たちは普段、逮捕されるかもしれないなどと考えもせず生活し...

『香港にある資産の相続』 香港ポスト

香港にある資産の相続  日本人が香港でビジネスをしたり、香港上海銀行(HSBC)にお金を預けたり、香港で投資をする人が増えるにつれ、相続の相談を受けます。今回のコラムでは香港にある資産の相続についてご...

中小企業のための法務講座『不可抗力 Force Majeure』

  不可抗力 Force Majeure   契約書には様々な種類があります。1−3ページの短いもの、10数ページの中くらいのもの、数十ページもの長いものがあります。香港では中くらいの契約書が多いのは...

香港の雇用契約書(Employment Agreement)および就業規則(Employment Hand Book)

香港の雇用契約書(Employment Agreement)および就業規則(Employment Hand Book) 雇用契約書(Employment Agreement)  香港で人を雇う際には ...

中小企業のための法務講座『香港におけるリストラ②』

減給に関する法律の注意点:  減給の原則として、減給を実施する前に、必ず事前にスタッフの同意を貰う必要があります。スタッフから事前に同意を貰っていない場合は、一方である会社側の勝手な減給は雇用条例の『...

中小企業のための法務講座『合弁事業(Joint Venture)』

合弁事業(Joint Venture) 合弁事業の一方当事者が亡くなったことで様々なトラブルに発展してしまった案件を最近扱っている。日本語での契約書であったが、合弁事業契約書が2枚しかなく、契約内容が...

Page 1 of 1512345...10...Last »

このページのトップへ