中国公証人資格の授与式@北京

中国公証人資格の授与式@北京

アンディ弁護士が、この度、中国公証人の試験に合格し、北京での授与式に出席しました。
この中国公証人とは、中國委托公証人(香港)管理辦法により香港法で10年以上の経験がある弁護士が受験資格を得て、中国司法部が関連する業務の訓練や試験(口頭及び試験)で合格の後になれるものです。この37年間で香港11,000人の弁護士の中で、480人ほどしか合格しておらず、つまり3%ほどの狭き門の試験になります。授与式に参加したところ、国としての公式行事という感じで、2回、3回目でようやく合格した弁護士が多かったようです。アンディ弁護士は一発合格でしたが、法律知識に加え、10数年前に、北京語のコースを受講し、中国で先生になれる資格まで取得していましたので、それらの集大成かと思われます。

これにより個人だと婚姻状況宣誓書、結婚宣誓書、各種委任状(中国国内での不動産売買・訴訟など)手続き、法人だと香港法人情報、CEPA申請などの公証がおこなえることになります。

とは言いましても、まだ5月には北京でも講習があり、実際に業務が行えるようになるのは夏くらいになりそうです。

授与式の様子が中国司法部でニュースとなっています。

http://www.moj.gov.cn/news/content/2019-01/14/bnyw_226659.html

中国公証人

china

3d843597-bbb7-4c68-8ef7-d59f0f9249de

タグ:, , , , , ,


このページのトップへ